洗面の朝の湖畔や霧走る

(せんめんの あさのこはんや きりはしる)
NHK松山放送局 ラジオまどんな句会 2019.9.5(木)
兼題:霧
神野紗希さん選

秋の季語『霧』。今年の俳句甲子園の決勝リーグの兼題でした。
紗希先生からのメッセージは、「世界をおおいかくしてしまう霧。その不安を、あるいは雄大な自然の姿を、いかに言語化するか」
そして、霧で詠むときは、「霧は象徴的な意味があって、『霧の中』とか『五里霧中』とか、イメージの中で先が見えないというふうに使われがちなのですが、だからこそいかに現実の霧を感じさせるように詠むかというところが重要なポイント」だそうです。

以下、いただいた選評の文字起こしです。

紗希先生)これは今度は「霧走る」ですね。そうすると、立ちこめている印象なんだけど、走るということで湖の上をサーッと渡ってゆく霧の姿が見えてきて、洗面で使っている水も立ちこめる霧も湖も全部水ですよね、いろんな水の形が気配として立ちこめている、動いている句でした。
岡田さん)へぇ~。

霧は二音しかないので、霧がどんなふうに立ちこめているのかいろんな言葉で表現できる。霧匂ふ、霧走る、霧這ひぬ、など。

今月は欠句するつもりでしたが、句友のみなさんがお忙しいなか作句を頑張っておられるので二句のみ作ってみました。先月から放送直前に作句し投句する流れになっており、それはそれで(放送中読み上げられなくても)少し気楽というか、そんな楽しみ方もしております。

紗希先生、今月も素敵な鑑賞をありがとうございました。

羽根のない扇風機居間他人めく

(はねのないせんぷうき いまたにんめく)

角川俳句2019年9月号掲載句
令和俳壇 雑詠 小林貴子先生 佳作

三句投句のうち残り一句がなかなか思いつかず、苦し紛れに作った句ではあったのですが、評価していただけて本当に嬉しいです。小林先生の選は初めてです。ありがとうございました。

今月は雑詠三句すべて佳作という僥倖!
(題詠は没です)

さくらんぼを食む子前髪みじかけれ

さくらんぼを はむこまえがみ みじかけれ)

角川俳句2019年9月号掲載句
令和俳壇 雑詠 対馬康子先生 佳作

前号に続き対馬先生の選に入って感激です。
チコちゃんを見て思いついた句でもないのですが(笑)、
以前からさくらんぼで可愛い句を作ってみたいと思っていたのです。

みづうみのみなとのなつのみじかけれ 田中裕明
 「みじかけれ」の已然形が嘆きの深さを感じさせている(小澤實著『名句の所以』より)

蜩にちちははの声とほくなる

ひぐらしに ちちははのこえ とおくなる)

角川俳句2019年9月号掲載句
令和俳壇 雑詠 朝妻力先生 佳作

過去の没句(ちなみに、『遠ざかる和音のやうに蜩は』)を作り直しました。同じ視点から作句しているわけですが、推敲の大切さを改めて実感しました。

青胡桃古き詩集の話など

(あおくるみ ふるきししゅうの はなしなど)

俳句界2019年5月号応募句
雑詠
加古宗也先生 選 佳作
佐藤麻績先生 選 佳作

季語を『青胡桃』にしようか『青林檎』にしようか悩みました。
今月号は雑詠2句のみ。
個人的に気に入っていた句はすべて没。
相変わらずの自選眼なしです。

広々と杜若ゆれ風生まる

(ひろびろと かきつばたゆれ かぜうまる)

俳句界2019年5月号応募句
雑詠
有馬朗人先生 選 佳作

地元のカキツバタ群生地。強い風雨に杜若が一枚の波のように揺れていました。

夏の月主治医に脈をとられゐて

(なつのつき しゅじいにみゃくを とられいて)
NHK松山放送局 ラジオまどんな句会 2019.8.20(月)
兼題:夏の月/冷蔵庫/毛虫
神野紗希さん選

今月の放送は俳句甲子園スペシャル!ということで、今年度の俳句甲子園の兼題であった『夏の月』、『冷蔵庫』、『毛虫』の三兼題からの募集でした。
紗希先生からのメッセージは、「高校生と同じお題で詠むことで、俳句甲子園の苦労やたのしさをより身近に感じていただけると嬉しいです。」

冷蔵庫以外の兼題で一句ずつ投句し、放送中、『夏の月』で読み上げていただきました。

以下、いただいた選評の文字起こしです。

紗希先生)これもねぇ、だからなんなのだと言われたら単純な、あのぅ(笑)、そういう病院にいる、入院している時間ですよということなんですけど、「とられゐて」のところにかすかな緊張感のようなものがあって、視線は夏の月、窓の外にやっているんだろうなぁという、そのへんの何でも無い時間がさりげなくすくいとられているところに惹かれました。
岡田さん)これはあの、平林檸檬さんからの一言がすごく可愛くて、「この夏、母が入院し手術を受けたのですが、主治医の方が素敵な方でして、一句詠んでみたくなりました」ということです(笑)
紗希先生)確かに主治医の先生を信頼している感じがでています。
岡田さん)可愛いですね。

お便り欄を読まれると思わなかったので、ああ恥ずかしい・・・。この程度のコメントに留めておいてよかった(笑)
下五の「とられゐて」は、まさに紗希先生が仰ってくださった緊張感というか内に秘めたときめきみたいなものを表現したくて「ゐて」にしました。『いやいや、脈をとられているのはお母さんであってお前ではないだろう』というツッコミが聞こえてきそうですが、まぁそこは、日々の病院通いを楽しく過ごすための「心の支え」ということでどなた様もお許しください。

紗希先生、今月も素敵な鑑賞をありがとうございました。
夏の月という季語が好きになりました。
これからも日常のなにげない一齣を句に詠んでいきたいです。

夏の月 暑い夜に青白く輝く夏の月は涼しげである。また、赤みを帯びてのぼる夏の月は、火照るような感じを与えることもある。(合本 俳句歳時記 第五版 角川書店編より)