花八ツ手咲かせて喫茶マルセイユ

(はなやつで さかせてきっさ マルセイユ

あるふぁ俳壇2019年春号掲載句

その前の冬号を初めて購入し、初めて投句してみました。
あるふぁ俳壇の選句ルールをよくわかっていないのですが、
選者の入選◎、佳作〇、予備選に入った作品*というマークがあり、
今回は*でした。
雑詠で2句投句できます。


本あけしほどのまぶしさ花八ツ手 波多野爽波

この句を知ってから花八ツ手でどうしても一句作りたくて。
散歩途中にみかけた光景を自分なりに昇華できたかな。
喫茶マルセイユ。わかる方にはわかるかな(笑)

ていれぎの花よ分校さようなら

俳句ポスト365(第213回 2019年1月24日週の兼題:ていれぎ)
夏井いつき先生 選 人選

里山の分校を離れることになった教師」というシチュエーションで。
松山つながりで漱石に思いを馳せてみたりも。

ていれぎの例句は少ないんですよ。
 ていれぎや弘法清水湧きやまず 吉野義子
 秋風や高井のていれぎ三津の鯛 正岡子規

本兼題も二句人選に採っていただいて幸せです。

ていれぎの花咲くころやサボタージュ

(ていれぎの はなさくころや サボタージュ
俳句ポスト365(第213回 2019年1月24日週の兼題:ていれぎ)
夏井いつき先生 選 人選

ていれぎ。仲春の季語。大葉種漬花(おおばたねつけばな)ともいう。清流に自生する美しい緑色の水草松山市の指定天然記念物だそうです。少し辛みがあって刺身のつまとして珍重されているとか。言われてみればみたことあるようなないような。クレソンに似ているけど別種です。

馴染みのない「ていれぎ」で詠むのは難しかったので、ていれぎの花に逃げてみました(汗)。
3~5月頃、茎の頂に白い十字状の花をつけるそうです(花図鑑さまHPより)。

夕暮れに溶け出してゐる蝶の翅

(ゆうぐれに とけだしている ちょうのはね)
NHK松山放送局 ラジオまどんな句会 2019.3.4(月)
兼題:蝶
神野紗希さん選

蝶で詠むときのポイントは、『蝶はいろんなイメージのある季語で、はかない命というイメージもあれば、子供達が追いかける可愛いという感じもあるし、その春の喜びを伝えてくれるというところもあるし、蝶のどの側面を引き出すかということを意識する』だそうです。

以下、放送中にいただいた選評の文字起こしです。

これも蝶という形のあるものが溶けるはずはないのに、夕暮れの、夕暮れって光と闇が入り交じる時間ですよね、だから光なのか闇なのかもうわからなくなって溶けていく、闇に消えていこうとしていく蝶の翅。美しい句ですね。蝶の命の不確かさも感じる句です。

過分な選評をいただきました。本人がそこまで考え抜いて作句できていたらよかったのですが...(汗)
我ながら地味でインパクトに欠ける句だなと、応募の際に外そうと思った句でした。投句しておいてよかったです。

紗希先生、今月も素敵な鑑賞をありがとうございました。
残念ながら私はリアルタイムで聴けなかったのですが、放送中、お友達のみなさんがツイッターのTLで盛り上がられていたようでした♩

金星のまだ明るくて菠薐草

きんせいの まだあかるくて ほうれんそう)
俳句ポスト365(第212回 2019年1月10日週の兼題:菠薐草)
夏井いつき先生 選 人選

元々、金星と他の素材を組み合わせていて、途中から菠薐草が加わって、なんとなくの流れで出来てしまった句です。なので句意をよく思い出せない...(汗)

人選に二句とっていただいて嬉しいです。
組長ありがとうございました!

菠薐草たまごを握るやさしさで

(ほうれんそう たまごをにぎる やさしさで)
俳句ポスト365(第212回 2019年1月10日週の兼題:菠薐草)
夏井いつき先生 選 人選

ほうれん草を茹でて水を切るとき。
どれくらいぎゅっと握ってよいのか、いまだに加減に悩みます。