大わらひ石蓴の島の戎さま

(おおわらい あおさのしまの えびすさま)

俳句ポスト365(第186回 2017年12月14日週の兼題:石蓴)
夏井いつき先生 選 人選

ひとりつきりのシャワールームのラガーかな

(ひとりっきりの シャワールームの ラガーかな)

俳句ポスト365(第185回 2017年11月30日週の兼題:ラグビー
夏井いつき先生 選 人選

今回一つの兼題で初めて2句採っていただきました。
少しだけ自信のあった句は没。相変わらず自選眼がございません。

ラグビーやすは左足一閃す

ラグビーや すわひだりあし いっせんす)

俳句ポスト365(第185回 2017年11月30日週の兼題:ラグビー
夏井いつき先生 選 人選

銀漢へ影絵の指の羽ばたけり

(ぎんかんへ かげえのゆびの はばたけり)

俳句界2017年10月号応募句
兼題:「指」
岸本マチ子先生 選 秀作
高橋将夫先生 選 佳作

俳句界の兼題では初めての「秀作」です✨
高橋先生も佳作の1番目でしたので、こちらも秀作まであと一歩だったのかも。
(ちなみに選者1名につき特選3句、秀作15句、佳作120句です。全体の投句数は数千句?どれくらいでしょうか)

前回、困ったときの「猫俳句」と書きましたが、
実は「影絵」もそうなのです。
あとから気づいたのですが、この次の次の投句でも使っておりました。発想がマンネリ化しています。禁止ワードですね。

銀漢は天の川の副題。銀河、星河とも。

銀色の指貫はづし星月夜

(ぎんいろの ゆびぬきはずし ほしづきよ)

俳句界2017年10月号応募句
兼題:「指」
大高霧海先生 選 佳作

かたかたと地震ふる夜や温め酒

(かたかたと ないふるよるや ぬくめざけ)

俳句界2017年10月号応募句
雑詠
櫂未知子先生 選 佳作
夏石番矢先生 選 佳作