北窓に月のかわりの胡桃おき

(きたまどに つきのかわりの くるみおき)
NHK松山放送局 ラジオまどんな句会 2018.11.5(月)
兼題:胡桃
神野紗希さん選 特選

胡桃という季語のポイントは、『リアルな胡桃もあるし、物語のなかに出てくる胡桃もあるし、西洋のくるみ割り人形のような素敵で不思議なイメージもあり、日本でも縄文時代から食べられてきた食材なので土俗的なイメージもありと、かなり幅広くアレンジのできる季語です』だそうです。

句友の瑠璃甫さんとともに特選5句に選んでいただきました。放送中、鶏侍さんのお句も紗希先生の選に入りました。3人揃ってというのが何よりも嬉しいです。

以下、選評の文字起こしです(黄色が神野さん、灰色がパーソナリティの岡田さん)

これも素敵な句でしたね。北窓というのは北風の吹く寒い窓で、冬になると北窓を塞ぐとか閉じてしまう、ちょっと寒さや寂しさを感じさせる窓なんですけど、そちらに今日は月が見えない。見えないからちょっと寂しい。でも月のかわりに胡桃を置いてみるよ!という、この人は寂しい夜の過ごし方をちゃんと自分で知っている人だなと思いました。

くるみにちょっと暖かさを感じてるっていうことですね。

月と胡桃を同列に扱うことで胡桃の存在感を強めてますね。

胡桃の兼題が続いて一時はどうなることやら...と思いましたが、
自分のお気に入りの句を選んでもらえました。
次の兼題は『蒲団』。オフトゥン!頑張ります。

美しく鳳梨を切つてくるる人

(うつくしく ほうりをきって くるるひと)

俳句界2018年7月号応募句
雑詠
櫂未知子先生 選 特選

ページをめくってびっくり!
櫂先生に想いが届いて嬉しい。特選の一番目に名前があるのが嬉しい。
このところ、NHK『俳句さく咲く!』への投句成績がふるわず、ある意味、その想いを櫂先生にぶつけたくて(?)詠んだ句でした(涙)
選評を引用します♪

「鳳梨」はパイナップルのこと。南国の明るさをもたらしてくれる果実であり、みずみずしさが身上である。 きれいに、そして食べやすいように配慮して切ってくれた人の、心ばえの感じられる作品だった。

f:id:fromM:20181101064412j:plain

実は櫂先生の特選はこれが2回目なのです。
相変わらず簡単な句で許して...。

* (緩くお知らせ!)NHK俳句 宇多喜代子先生の兼題『鵙』で拙句が入選し、放送内で紹介されるそうです。Eテレ 11/4(日)午前6時35分から放送、11/7(水)午後3時から再放送です。朝早いですがよかったらご覧になってください。



窓口の花の替はりし大暑かな

(まどぐちの はなのかわりし たいしょかな)

俳句界2018年7月号応募句
雑詠
茨木和生先生 選 佳作

今月はまことに出来が悪く...。ちなみに兼題は二句とも没。
ま、それもデフォルトではありますが。

口笛のやうに鳴き出す法師蝉

口笛のやうに鳴き出す法師蝉
くちぶえの ようになきだす せみほうし)

俳句界2018年7月号応募句
俳句トーナメント
堀本裕樹先生 選 佳作

全然句ができなくて投句直前にひねりだした句。
おまけかな?なんとか採っていただきました。

ゴンドラのぐわんと揺れて男滝かな

(ゴンドラの ぐわんとゆれて おだきかな)

『蒼海』創刊号 堀本裕樹主宰 選

初めての結社誌投句です。10句中6句掲載でした。
巻頭を飾る方だと8句掲載です。
『選から漏れた句の理由を各自考えなさい』と主宰に言われています。
投句直後から自分でもわかっていたことがいくつかありました。
切字の使い方の誤り。使用した季語が偏っていること(当季雑詠でこのときは春から夏でした)。報告句になっていること。そのほかにもいろいろあるでしょう。
これからもっともっと勉強していかなければなりません。道は険しい。

この句は5月にロープウェイに乗って、神戸・布引ハーブ園の山頂に行ったときの景です(実際に男滝か女滝かは知らない)。