読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蕨狩土の匂ひへつんのめり

蕨狩 春 植物

(わらびがり つちのにおいへ つんのめり)

俳句ポスト365(第164回 2017年1月26日週の兼題:蕨狩)
夏井いつき先生 選 人選

計7句を投句。
そういえば、蕨狩へは行ったことがない。
たとえ想像のみでも、発想豊かにしっかりと句を作れるようになりたい。

蜂唸る袋小路の突き当たり

春 動物

(はちうねる ふくろこうじの つきあたり)

俳句ポスト365(第163回 2017年1月12日週の兼題:蜂)
夏井いつき先生 選 人選

計5句を投句。
今回は、普段からブログを(一方的に)読ませていただいている俳ポニストさんのお句が地選に入選していて、私まで興奮しました!
おめでとうございました✨

 

正木ゆう子さんの句に蜂の句がありました。
一花のみ揺るるは蜂のとまりたる 

【my 没句】
蜜蜂の羽音花弁を震はせて

私の句はピンポイントで景を詠めていないことがよくわかりますね。

夏蜜柑摘みし鋏の堅き音

夏蜜柑 春 植物

(なつみかん つみしはさみの かたきおと)

伊吹嶺会 矢野孝子 先生
【添削句】夏蜜柑摘むや(剪るや)鋏を鳴らしつつ

「出来ていて情景も浮かびます」とのこと。
夏蜜柑は夏の季語なので、<堅き音>が効いているかどうか?
鋏で剪ることに焦点を絞ったほうがよい。

手元の歳時記では「春の季語」でした。

五つ六つ黄の実の転ぶ春落葉

春落葉 春 植物

(いつつむつ きのみのまろぶ はるおちば)

伊吹嶺会 矢野孝子 先生
【添削句】黄色の実乗せて吹かるる春落葉

黄色の実がイメージできない。5、6個の必然性もわからない。
春落葉らしさが描けていない。

自分としては、金柑の実が木の根元に散らばる古葉の上に転がっているのを詠んだつもりでした。

ポケットに神籤しのばせ春来る

春来る 春 時候

(ぽけっとに みくじしのばせ はるきたる)

伊吹嶺会 矢野孝子 先生
【添削句】ポケットに吉の神籤や春を待つ

このままでも良いが、なぜ<しのばせ>ているのかがわかりづらいとのこと。
「春が来る」で大吉の神籤と暗示させている?
添削句のほうが締まりの良い句になる。

「春来る」は立春の傍題。

山茶花の二輪うつむきあふてをり

山茶花 冬 植物

(さざんかの にりん うつむきあうており)

俳句界11月号応募句
雑詠
西池冬扇先生 選 佳作

煤払あくびこらへて真顔なり

煤払 冬 生活

(すすはらい あくびこらえて まがおなり)

俳句界11月号応募句
兼題:「顔」
中西夕紀先生 選 佳作