吾子にも蝸牛の子にも水の匂ひ

(わがこにも かぎゅうのこにも みずのにおい)

NHK松山放送局 ラジオまどんな 2018.6.4(月)
兼題:かたつむり
神野紗希さん選

ラジオまどんなへは初めての投句。そして意外にも初めて『蝸牛』で作句しました。難しかった。さすがにみなさんお上手な句ばかりで、特選句には選ばれなかったけれど、番組で読み上げていただきました。以下、過分な講評に感謝いたします(涙)。

この、私の子供とかたつむりの子供を同列に並べるというのはまさに俳人の視点ですね。俳句の前に、草木虫魚、命は皆平等という。どちらにも水の匂いがするというところで、水ってなんかちょっと生臭いところもあるから、ほのかな生々しさがあって命を実感する一句ですね。

しっかり放送を録音しました。祝初投句の保存版♪ ラジオ句会が楽しい今日この頃です。紗希さんからは『(かたつむりは)ちいさな命ですが大きく詠んであげてください』とありました。拙句はやや堅実過ぎたかと少し反省...。

そして最近思うことは俳句鑑賞力。佳い句を作るためには鑑賞力を磨かなければ...と思っています。