島蜜柑耳の中まで酸つぱさが

(しまみかん みみのなかまで すっぱさが) 俳句界2017年12月号応募句兼題:「中」高橋将夫先生 選 佳作名和未知男先生 選 佳作

すつきりと鼻とほりたる梅見かな

(すっきりと はなとおりたる うめみかな) NHK俳句さく咲く!平成30年2月放送応募句兼題:梅見櫂未知子先生 選 佳作 この兼題の締め切りの頃は忙しくて、『なんとか投句した感』がありありなのですが、自分ではちょっと変わった句を採ってもらえたのが嬉し…

手折られて薇きゆうと鳴きゐたり

(たおられて ぜんまいきゅうと なきいたり) 俳句ポスト365(第188回 2018年1月25日週の兼題:薇)夏井いつき先生 選 人選 このごろ安定の人選。なんて言ってると全没の闇に落ちそうです。 しかし、12句投句して1句のみ人選という効率の悪さよ...。前回の「…

しやぼん玉巴里の小径で生まれたの

(しゃぼんだま パリのこみちで うまれたの) 俳句ポスト365(第187回 2018年1月11日週の兼題:しゃぼん玉)夏井いつき先生 選 人選 一見与しやすそうで、実際作句してみると難しい兼題でした。 池田 澄子さんの代表句『じゃんけんで負けて螢に生まれたの』…

便箋をゆつくり開き寒卵

(びんせんを ゆっくりひらき かんたまご) 俳句界2017年11月号応募句雑詠櫂未知子先生 選 特選今瀬剛一先生 選 佳作角川春樹先生 選 佳作 俳句界で初めての特選に!ありがとうございました。選者の評を引用します。 「寒卵」は何かと取り合わせるのが難しい…

瞬きもせずに乳飲む日向ぼこ

(まばたきも せずにちちのむ ひなたぼこ) 俳句界2017年11月号応募句兼題:「瞬」岸本マチ子先生 選 佳作高橋将夫先生 選 佳作

室咲や待合室の消灯す

(むろざきや まちあいしつの しょうとうす) NHK俳句さく咲く!平成30年1月放送応募句兼題:室咲櫂未知子先生 選 佳作 室咲とは、春に咲く花を温室の中で促成栽培をして咲かせたもの。シクラメンが代表的である。室咲と聞いてもピンときませんでした。兼題…

大わらひ石蓴の島の戎さま

(おおわらい あおさのしまの えびすさま) 俳句ポスト365(第186回 2017年12月14日週の兼題:石蓴)夏井いつき先生 選 人選

季語:探梅

毎日新聞朝刊 2018.2.1 余録より

ひとりつきりのシャワールームのラガーかな

(ひとりっきりの シャワールームの ラガーかな) 俳句ポスト365(第185回 2017年11月30日週の兼題:ラグビー)夏井いつき先生 選 人選 今回一つの兼題で初めて2句採っていただきました。少しだけ自信のあった句は没。相変わらず自選眼がございません。

ラグビーやすは左足一閃す

(ラグビーや すわひだりあし いっせんす) 俳句ポスト365(第185回 2017年11月30日週の兼題:ラグビー)夏井いつき先生 選 人選

銀漢へ影絵の指の羽ばたけり

(ぎんかんへ かげえのゆびの はばたけり) 俳句界2017年10月号応募句兼題:「指」岸本マチ子先生 選 秀作高橋将夫先生 選 佳作 俳句界の兼題では初めての「秀作」です✨高橋先生も佳作の1番目でしたので、こちらも秀作まであと一歩だったのかも。(ちなみに…

銀色の指貫はづし星月夜

(ぎんいろの ゆびぬきはずし ほしづきよ) 俳句界2017年10月号応募句兼題:「指」大高霧海先生 選 佳作

かたかたと地震ふる夜や温め酒

(かたかたと ないふるよるや ぬくめざけ) 俳句界2017年10月号応募句雑詠櫂未知子先生 選 佳作夏石番矢先生 選 佳作

豊年や夕映え渡る飛行船

(ほうねんや ゆうばえわたる ひこうせん) 俳句界2017年10月号応募句俳句トーナメント堀本裕樹先生 選 佳作

陽だまりを猫と分け合ひ古日記

(ひだまりを ねことわけあい ふるにっき) NHK俳句さく咲く!平成29年12月放送応募句兼題:日記買ふ櫂未知子先生 選 佳作 最近、困ったときの「猫俳句」になってしまっています。この次の次の兼題でも猫をいれたような...。櫂先生は猫がお好きなので選んで…

探梅へスイッチバック賑はひぬ

探梅へスイッチバック賑はひぬ(たんばいへ すいっちばっく にぎわいぬ) 俳句ポスト365(第184回 2017年11月16日週の兼題:探梅)夏井いつき先生 選 人選 探梅とは 早梅を探って山野を歩き回るのが探梅または探梅行である。名所とされる梅林の花が咲き満ち…

2017年を振り返って2018年へ

俳句を始めて2年。年が明ければ俳句3年生になります。 今年の作句数は422句。厳密には今年作った句の数ではなく、今年どちらかへ投句した数です。内訳は、俳句ポスト161句、NHK俳句161句、俳句界84句、いるか句会(通信を含む)7句、伊吹嶺会添削9句。そのう…

旅客機の点滅ゆるく虫時雨

(りょかっきの てんめつゆるく むししぐれ) 俳句界2017年9月号応募句雑詠稲畑廣太郎先生 選 佳作櫂未知子先生 選 佳作西池冬扇先生 選 佳作選に入ったのは7句中2句でした。9月は忙しくて俳句に集中できなかったのもありますが、そんなことは言い訳にはなり…

玄関へ迎へ入れたる風は秋

(げんかんへ むかえいれたる かぜはあき) 俳句界2017年9月号応募句兼題:「関」高橋将夫先生 選 佳作

炭爆ぜて酪農学部の夜空かな

(すみはぜて らくのうがくぶの よぞらかな) 俳句ポスト365(第183回 2017年11月2日週の兼題:炭)夏井いつき先生 選 人選 計8句投句。一句でも採ってもらえるならこの句かな...と思っていました。 「炭」という季語は歳時記によって項目立てが異なり、先生…

頼りなき日向の匂ひ沼涸れて

(たよりなき ひなたのにおい ぬまかれて) 俳句ポスト365(第182回 2017年10月19日週の兼題:水涸る)夏井いつき先生 選 人選 原句の下五は「沼涸るる」でした。先生が添削して作り替えてくださったようです。余情を込めて連体形止めにしたつもりでしたが、…

夕立の赤く弾けて今日の暮

(ゆうだちの あかくはじけて きょうのくれ) 俳句界2017年8月号で選外になった句。推敲の甘いまま投句した結果、夕立と暮れで時間の描写が重複していますね。 愛読している笹下蟷螂子さんの句集『忘れ雪』のなかに次の句を見つけました。 火の音を立てて降…

サイフォンの湯の昇りきて原爆忌

(サイフォンの ゆののぼりきて げんばくき) 俳句界2017年8月号応募句雑詠鈴木しげを先生 選 佳作夏石番矢先生 選 佳作いつもどおり7句投句し、3句(兼題1、雑詠2)採っていただきました。今回の収穫は夏石番矢さんの目に留まったこと。夏石さんはインパク…

手つかずの文庫の山と鬼胡桃

(てつかずの ぶんこのやまと おにぐるみ) 俳句界2017年8月号応募句雑詠西池冬扇先生 選 佳作

熱々の蕎麦湯注ぎ足し秋風鈴

(あつあつの そばゆつぎたし あきふうりん) 俳句界2017年8月号応募句兼題:「足」高橋将夫先生 選 佳作能村研三先生 選 佳作

ひれ酒や五右衛門風呂の沸きあがり

(ひれざけや ごえもんぶろの わきあがり) 俳句ポスト365(第181回 2017年10月5日週の兼題:鰭酒)夏井いつき先生 選 人選 計7句を投句。 この句かー!(お察しください)

舞茸や深山を父と母として

(まいたけや みやまをちちと ははとして) 俳句ポスト365(第180回 2017年9月7日週の兼題:舞茸)夏井いつき先生 選 人選 計7句を投句。過去の兼題「湿地茸」との違いをわからないまま投句した感が我ながら否めません。ちなみに角川の合本俳句歳時記 第四版…

一番線ホームにひとり遠花火

(いちばんせん ホームにひとり とおはなび) 俳句界2017年7月号応募句雑詠西池冬扇先生 選 佳作 7月号は7句中5句、10名の選者の先生方に佳作に採っていただきました。秀逸以上の句はありませんでしたが、自分では過去最高の成績です。同じ句が複数の選者の…

一匹と一人の夕餉扇風機

(いっぴきと ひとりのゆうげ せんぷうき) 俳句界2017年7月号応募句雑詠稲畑廣太郎先生 選 佳作岸本マチ子先生 選 佳作古賀雪江先生 選 佳作山田佳乃先生 選 佳作