洗面の朝の湖畔や霧走る

(せんめんの あさのこはんや きりはしる)NHK松山放送局 ラジオまどんな句会 2019.9.5(木)兼題:霧神野紗希さん選 秋の季語『霧』。今年の俳句甲子園の決勝リーグの兼題でした。紗希先生からのメッセージは、「世界をおおいかくしてしまう霧。その不安を…

羽根のない扇風機居間他人めく

(はねのないせんぷうき いまたにんめく) 角川俳句2019年9月号掲載句令和俳壇 雑詠 小林貴子先生 佳作 三句投句のうち残り一句がなかなか思いつかず、苦し紛れに作った句ではあったのですが、評価していただけて本当に嬉しいです。小林先生の選は初めてです…

さくらんぼを食む子前髪みじかけれ

(さくらんぼを はむこまえがみ みじかけれ) 角川俳句2019年9月号掲載句令和俳壇 雑詠 対馬康子先生 佳作 前号に続き対馬先生の選に入って感激です。チコちゃんを見て思いついた句でもないのですが(笑)、以前からさくらんぼで可愛い句を作ってみたいと思っ…

蜩にちちははの声とほくなる

(ひぐらしに ちちははのこえ とおくなる) 角川俳句2019年9月号掲載句令和俳壇 雑詠 朝妻力先生 佳作 過去の没句(ちなみに、『遠ざかる和音のやうに蜩は』)を作り直しました。同じ視点から作句しているわけですが、推敲の大切さを改めて実感しました。

青胡桃古き詩集の話など

(あおくるみ ふるきししゅうの はなしなど) 俳句界2019年5月号応募句雑詠加古宗也先生 選 佳作佐藤麻績先生 選 佳作 季語を『青胡桃』にしようか『青林檎』にしようか悩みました。今月号は雑詠2句のみ。個人的に気に入っていた句はすべて没。相変わらずの…

広々と杜若ゆれ風生まる

(ひろびろと かきつばたゆれ かぜうまる) 俳句界2019年5月号応募句雑詠有馬朗人先生 選 佳作 地元のカキツバタ群生地。強い風雨に杜若が一枚の波のように揺れていました。

夏の月主治医に脈をとられゐて

(なつのつき しゅじいにみゃくを とられいて)NHK松山放送局 ラジオまどんな句会 2019.8.20(月)兼題:夏の月/冷蔵庫/毛虫神野紗希さん選 今月の放送は俳句甲子園スペシャル!ということで、今年度の俳句甲子園の兼題であった『夏の月』、『冷蔵庫』、『毛…

生きたしと手術前夜の暑さかな

(いきたしと しゅじゅつぜんやの あつさかな) NHK俳句さく咲く!令和元年7月放送応募句兼題:暑さ堀本裕樹先生 選 佳作 こんな句もありでしょうか。母の手術の2日前が『暑さ』の投句締切日でした。元気になるための手術とはいえ、高齢の母にはそれなりの覚…

竹筒の酒さらさらと鱧料理

(たけづつの さけさらさらと はもりょうり) NHK俳句 令和元年7月放送応募句 兼題:鱧井上弘美先生 選 佳作 鱧。食べる機会は少ないですが、淡路島産の玉ねぎと一緒に煮こんだ鱧すき鍋をいただいたときの感動はいまだ忘れられません。アラの旨味と玉葱の甘…

醤油屋の軒先揺るる蛍籠

(しょうゆやの のきさきゆるる ほたるかご) ふらんす堂通信 161号花実集 雑詠 高田正子先生 選 県内に蛍籠飾りで町おこしをしている蛍の観賞地があり、そこからの作句です。投句したあとで、『単に蛍籠という季語の説明になっているかも...』と思いました…

夏野ゆく父子揃ひのスニーカー

(なつのゆく ちちこそろいの スニーカー) ふらんす堂通信 161号花実集 雑詠 高田正子先生 選 花実集には兼題を含め五句投句できるのですが、そのうち一句は必ず掲載してもらえるそうです。今号は前回に続き二句掲載でした。次は前進できるといいな。 夏野…

横たはる人骨やはらかい干潟

(よこたわるじんこつ やわらかいひがた) 角川俳句2019年8月号掲載句令和俳壇 雑詠 対馬康子先生 推薦 まさかまさかの『推薦』です。しかも対馬先生!「過去全没の今井聖先生の選に入るのが当面の目標」と前回書きましたが、対馬先生も(地味句の)私にとっ…

シャンパンを冷やす女ら夏の川

(シャンパンを ひやすおんなら なつのかげ) 角川俳句2019年8月号掲載句令和俳壇 題詠 夏井いつき先生 秀逸 こちらもまさかまさかの夏井先生選の秀逸でした。角川俳句は今年から定期購読しているのですが、届くのは早くても発売日の午後、今号に至っては発…

短夜や北欧製の父の椅子

(みじかよや ほくおうせいの ちちのいす) 俳句界2019年4月号応募句目からウロコの!俳句添削教室長嶺千晶先生 選 合格句 久しぶりの、3回目の添削教室合格句です。嬉しい♪ 昨年、『デーンマーク・デザイン展 ヒュゲのかたち』で素敵な椅子たちを観て以来、…

朧夜の改札口を出れば海

(おぼろよの かいさつぐちを でればうみ) 俳句界2019年4月号応募句雑詠古賀雪江先生 選 佳作夏石番矢先生 選 佳作 一駅だけですが、地元のローカル線に海の見える駅があります。句友の鶏侍さんのお話では、神戸の塩谷駅が拙句のような駅だとか...。素敵で…

いつも来る魚商の女春セーター

(いつもくる ぎょしょうのおんな はるセーター) 俳句界2019年4月号応募句雑詠櫂未知子先生 選 佳作 地元はほぼシャッター街ですが、先日商店街を歩いていたときに、魚売りの女性をみかけました。通りに魚をならべ、小さな折りたたみ椅子に腰掛けてうつむき…

春分のふくらんでゐる地球かな

(しゅんぶんの ふくらんでいる ちきゅうかな) 俳句界2019年4月号応募句雑詠茨木和生先生 選 佳作 『もしかしたら類想句があるかも?』と思いつつ作りましたが、自分では気に入っています。

花合歓の糸電話より妻の声 

(はなねむの いとでんわより つまのこえ) 俳句界2019年4月号応募句兼題:「声」岸本マチ子先生 選 佳作 今号は苦手な兼題が二句とも佳作選で嬉しい。奇しくも、どちらの句も中七~下五にかけて「より○の声」という措辞になりました。 合歓の花はこんな花で…

喜雨来る空深きより神の声

(きうきたる そらふかきより かみのこえ) 俳句界2019年4月号応募句兼題:「声」大高霧海先生 選 佳作 単純に季語のイメージから作句しました。 喜雨 晩夏の季語。夏の日照りが続いたあとの、待ちに待った雨である。人はもちろん、作物や植物にも喜びを与え…

玉葱や高層階に軒のなし

(たまねぎや こうそうかいに のきのなし) NHK俳句 平成31年6月放送応募句兼題:玉葱長嶋有先生 選 佳作 長嶋有選は初めてです。最終回までご縁がないのではないかと思っていました。嬉しいです。 『玉葱』は難しかった(『玉葱』も、ですね)。類句に陥る…

虹立ちて青空磨く仕事して

(にじたちて あおぞらみがく しごとして)俳句新聞いつき組 19号 虹の座決定戦(2019年7月掲載分 )夏井いつき先生 選 秀逸 1年間だけ購読することにした『俳句新聞』。今回は秀逸でした。一歩前進が嬉しいです(^^)

左岸なる神社の森へ残り鷺

(さがんなる じんじゃのもりへ のこりさぎ) 『蒼海』4号 堀本裕樹主宰 選 句材を探しに市街地を流れる川沿いを散策。そこの船溜まりは小学生のときの写生大会のお約束の場所でした。課外授業は楽しかったけど船の絵を描くのは難しくて。散歩中実際に居たの…

冬ざれに小栴檀草火花爆ず

(ふゆざれに こせんだんぐさ ひばなはず) 『蒼海』4号 堀本裕樹主宰 選 近くの空き家に咲いていた小栴檀草の花後の痩果を詠んでみました。いわゆるひっつき虫です。当初「花火」を比喩として使っていたのですが、「火花」のほうが勢いがあってよいかなと作…

白鳥の胸へ盬投ぐ告知の日

(はくちょうの むねへしおなぐ こくちのひ) 『蒼海』4号 堀本裕樹主宰 選 自分の経験から詠んだ句ではなく、亡き同級生のことを思い出して...。鹽は塩の旧字体、繁体字。

煮凝や熱の子の目のうるみゐて

(にこごりや ねつのこのめの うるみいて) 『蒼海』4号 堀本裕樹主宰 選 結社誌に食の句を入れるのは楽しみのひとつです。拙句は食の季語「煮凝」との単純な取り合わせですが。「『煮凝や』と詠嘆してよかったのかな...」と投句後に考えてしまいましたが、…

オリオンの和音のやうな星の粒 

(オリオンの わおんのような ほしのつぶ) 『蒼海』4号 堀本裕樹主宰 選 可愛らしい句になったでしょうか♪ちなみに「和音のやうな」という比喩は以前に別の投句で使いましたが、そちらは没でした(涙)

グラウンドいつぱいに守備揚雲雀

(グラウンド いっぱいにしゅび あげひばり) 『蒼海』4号 堀本裕樹主宰 選 わが家の裏手にある小学校。土日は少年野球チームが校庭で練習をしています。そんなのどかな風景からの作句です。 4号は10句中6句掲載という成績でした。一歩後退です。採られなか…

産直の野菜や春を追ひかける

(さんちょくの やさいや はるをおいかける) 俳句界2019年3月号応募句ここを直せば入選能村研三先生 3年間俳句界への投句を続け、この欄に掲載していただくのは初めてです。貴重な添削をいただき、お得感たっぷりです(笑) 春が近づくにつれ色とりどりの季節…

連翹や庭に光の集まり来

(れんぎょうや にわにひかりの あつまりく) 俳句界2019年3月号応募句雑詠角川春樹先生 選 佳作古賀雪江先生 選 佳作 桜の頃、桜の少し前かな、散歩で通りがかるお宅の庭に連翹がありまして、見るたびにその黄の眩しさを愛でていたのでした。 そして、山口…

薄紙に蝶の骸の美しく

(うすがみに ちょうのむくろの うつくしく) 俳句界2019年3月号応募句雑詠櫂未知子先生 選 佳作佐藤麻績先生 選 佳作 ふらりと立ち寄った地元の博物館で蝶の標本展示を見て一句作りたいなと思い、出来た句です。採取された蝶が三角紙に包まれている、標本前…