ハッカ味のドロップ残る缶に夏

(ハッカあじの ドロップのこる かんになつ)堀本裕樹先生 第78回いるか句会 兼題:自由題 平成29年5月20日(土)開催 於:NATULUCK四ツ谷 3F 堀本裕樹先生 選 佳作4点初めて句会というものに参加しました。しかも「東京」での句会です。大変緊張しましたが…

休日の目覚めの苺サンドかな

(きゅうじつの めざめのいちご サンドかな)堀本裕樹先生 第78回いるか句会 兼題:苺 平成29年5月20日(土)開催 於:NATULUCK四ツ谷 3F 0点

てんたう虫は赤き天球さう思ふ

(てんとうむしは あかきてんきゅう そうおもう)堀本裕樹先生 第78回いるか句会 兼題:天道虫 平成29年5月20日(土)開催 於:NATULUCK四ツ谷 3F 1点

若葉風聞きをり今朝の坐禅会

(わかばかぜ ききおり けさのざぜんかい)堀本裕樹先生 第78回いるか句会 兼題:自由題 平成29年5月20日(土)開催 於:NATULUCK四ツ谷 3F 1点

工場の煙の軽し春の海 

(こうじょうの けむりのかるし はるのうみ)俳句界2017年2月号応募句雑詠今瀬剛一先生 選 秀逸俳句界に投句して2回目の秀逸です✨朝、ゴミステーションに向かう下り坂で工場の煙が見えます。工場は港の近くにあるので、風景を想像して詠んでみました。

珈琲に口つけしとき春の雷

(コーヒーに くちつけしとき はるのらい)俳句界2017年2月号応募句雑詠角川春樹先生 選 佳作「春の雷」という季語が好きなのです。なので選にとってもらえて嬉しいです。

春の湖日矢幾千も真明かに

(はるのうみ ひやいくせんも まさやかに)俳句界2017年2月号応募句兼題:「明」能村研三先生 選 佳作 季語は「春の海」です。「湖」の表記を使ってみました。幾千は幾条でもよかったかな?

明け残る月の薄さや春愁

(あけのこる つきのうすさや はるうれい)俳句界2017年2月号応募句兼題:「明」中西夕紀先生 選 佳作

蛤や水の仄かに紫に

(はまぐりや みずのほのかに むらさきに)NHK俳句さく咲く!平成29年4月放送応募句兼題:蛤櫂未知子先生 選 佳作久しぶりにNHK俳句で採っていただきました。でも、新年度になってからあまり投句できていないのです。

青芝や野球部員は寄せ集め

(あおしばや やきゅうぶいんは よせあつめ)俳句ポスト365(第169回 2017年4月6日週の兼題:青芝)夏井いつき先生 選 人選計4句を投句。

分譲の看板眩し街薄暑

(ぶんじょうの かんばんまぶし まちはくしょ)俳句ポスト365(第168回 2017年3月23日週の兼題:薄暑)夏井いつき先生 選 人選計5句を投句。

色褪せた家族写真と福寿草

(いろあせた かぞくしゃしんと ふくじゅそう)俳句界2017年1月号応募句雑詠古賀雪江先生 選 佳作 今月は7句中1句のみでした。撃沈。

ジョギングの路に菜の花始まれり

(じょぎんぐの みちになのはな はじまれり)俳句ポスト365(第167回 2017年3月9日週の兼題:菜の花)夏井いつき先生 選 人選計4句を投句。

雨霧にカメラの濡れて山桜

(あまぎりに かめらのぬれて やまざくら)伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】雨霧に曇るカメラや山桜雨霧は小雨のような霧と辞書にありました。霧にしては、結構強めの霧でしょうか。カメラが濡れるのでは、感動がやや弱いか。秋の季語の「霧」が気になると…

校門のペンキあたらし春入日

(こうもんの ぺんきあたらし はるいりひ伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】校門のペンキあたらし朝桜 校門のペンキ塗り立て春の風(新入生もよいですね)出来ている句で、情景が浮かんできます。ただ、一句の姿として、新しいと入り日が合わないようにも思い…

雨の日のフリージアの香際立てり

(あめのひの ふりーじあのか きわだてり)伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】雨の日のフリージアの香部屋に満つ("雨の日"がやや説明的) ↓ 部屋に濃きフリージアの香や雨もよひ(<の>が二つと中八が気になる?) ↓ 雨もよひ出窓に香るフリージアフリージ…

揚雲雀上へ上へと雲ひらく

(あげひばり うえへうえへと くもひらく)俳句ポスト365(第166回 2017年2月23日週の兼題:雲)夏井いつき先生 選 並選季語以外の語が兼題。計7句を投句。自選句は選ばれず。難しい。

雪かとも銀鱗かとも渡り漁夫

(ゆきかとも ぎんりんかとも わたりぎょふ)俳句ポスト365(第165回 2017年2月9日週の兼題:渡り漁夫)夏井いつき先生 選 並選計6句を投句。人・並選のアップ直後だったようで、最初、自分の名前を見つけられず、『あ~。ついに選から漏れたな...』と思った…

鍋蓋のかたかた鳴つて冬の蠅

(なべぶたの かたかたなって ふゆのちょう)俳句界12月号応募句雑詠角川春樹先生 選 佳作辻桃子先生 選 佳作辻先生にとっていただけるとうれしい。

子規庵の表戸くぐる冬の蝶

(しきあんの おもてどくぐる ふゆのちょう)俳句界12月号応募句雑詠佐藤麻績先生 選 佳作去年の11月に根岸の子規庵を訪れました。「表戸くくる」で投句したのですが、「くぐる」に訂正されました。Super 日本語大辞典の古語辞典では「くくる(潜る)」、の…

寒梅や夫の御守選びをり

(かんばいや つまのおまもり えらびおり)俳句界12月号応募句雑詠原和子先生 選 佳作

泣きやまぬ児の手ひきひき雪達磨

(なきやまぬ このてひきひき ゆきだるま)第11回いるか通信句会 堀本裕樹先生 選 佳作 手をひきながら雪達磨のほうにむかっているのでしょうか。雪達磨がやさしくあやしてくれそうですね。 今回で休会となりました。最後を「特選」「秀逸」で飾れなかったの…

臘梅の黄の満つ空の碧広し

(ろうばいの きのみつそらの あおひろし)第11回いるか通信句会 堀本裕樹先生 この句も意味はわかるが、説明的。臘梅は黄色なのだから、「黄」は省略できる。ただし、それをわざと出していかす方法ももちろんある。 参考句:大空へ臘梅の黄の満ちてをり 「…

星なき夜シュッと燐寸の音の冴ゆ

(ほしなきよ シュッとまっちの おとのさゆ)第11回いるか通信句会 堀本裕樹先生 よくわかる内容だが、ちょっと説明的。もう一味欲しいところ。「シュッと」という擬音は省略して読み手に想像させる。参考句:燐寸擦る音冴えにけり星なき夜 擬音に挑戦しまし…

蕨狩土の匂ひへつんのめり

(わらびがり つちのにおいへ つんのめり)俳句ポスト365(第164回 2017年1月26日週の兼題:蕨狩)夏井いつき先生 選 人選計7句を投句。そういえば、蕨狩へは行ったことがない。たとえ想像のみでも、発想豊かにしっかりと句を作れるようになりたい。

蜂唸る袋小路の突き当たり

(はちうねる ふくろこうじの つきあたり)俳句ポスト365(第163回 2017年1月12日週の兼題:蜂)夏井いつき先生 選 人選計5句を投句。今回は、普段からブログを(一方的に)読ませていただいている俳ポニストさんのお句が地選に入選していて、私まで興奮しま…

夏蜜柑摘みし鋏の堅き音

(なつみかん つみしはさみの かたきおと)伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】夏蜜柑摘むや(剪るや)鋏を鳴らしつつ「出来ていて情景も浮かびます」とのこと。夏蜜柑は夏の季語なので、<堅き音>が効いているかどうか?鋏で剪ることに焦点を絞ったほうがよ…

五つ六つ黄の実の転ぶ春落葉

(いつつむつ きのみのまろぶ はるおちば)伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】黄色の実乗せて吹かるる春落葉黄色の実がイメージできない。5、6個の必然性もわからない。春落葉らしさが描けていない。自分としては、金柑の実が木の根元に散らばる古葉の上に転…

ポケットに神籤しのばせ春来る

(ぽけっとに みくじしのばせ はるきたる)伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】ポケットに吉の神籤や春を待つこのままでも良いが、なぜ<しのばせ>ているのかがわかりづらいとのこと。「春が来る」で大吉の神籤と暗示させている?添削句のほうが締まりの良い…

山茶花の二輪うつむきあふてをり

(さざんかの にりん うつむきあうており)俳句界11月号応募句雑詠西池冬扇先生 選 佳作

煤払あくびこらへて真顔なり

(すすはらい あくびこらえて まがおなり)俳句界11月号応募句兼題:「顔」中西夕紀先生 選 佳作

土砂降りの雨音のごと山火爆ず

(どしゃぶりのあまおとのごとやまびはず)俳句ポスト365(第162回 2016年12月15日週の兼題:山焼)夏井いつき先生 選 並選同じ並選に似た句があり、「スコール」と表現されていました。「爆」の字を使った句は4句でした。計2句を投句。山火は山焼くの傍題。

裏道の猫の目細し冬ぬくし

(うらみちの ねこのめほそし ふゆぬくし)第10回いるか通信句会 堀本裕樹先生 選 佳作 「冬ぬくし」という季語の他にも、まだよい季語があるかもしれない。 「猫の目細し」はきっちりと描写できている。 「細し」、「ぬくし」と脚韻を踏むとよいかなと思い…

口笛を吹くふりをして黒マント

(くちぶえを ふくふりをして くろまんと)第10回いるか通信句会 堀本裕樹先生 どうして「口笛を吹くふり」をしたのか、その辺の心理が掴みきれない。 少し古色を帯びた風姿。 自分の中では 少しチャレンジした句。黒マントを着て、空口笛(っていうのかな、…

マスクして四十路の恋を封印す

(マスクして よそじのこいを ふういんす)第10回いるか通信句会 堀本裕樹先生 マスクを恋を封印するための道具にした発想が面白い。 悪くない句だと思う。 封印すの複合サ変動詞を使わずに、別の表現を考えてみようと思います。

狩り終へてぐつと水飲む鷹の顔

(かりおえて ぐっとみずのむ たかのかお)俳句ポスト365(第161回 2016年12月1日週の兼題:鷹狩)夏井いつき先生 選 人選過去最多の14句を投句。やはり景を詠めているかどうかにつきます。反省。

舟客の送り出されし曼珠沙華

(ふなきゃくの おくりだされし まんじゅしゃげ)俳句界10月号応募句雑詠稲畑廣太郎先生 選 佳作鈴木しげを先生 選 佳作計5句投句。この月は兼題【地】を投句できず。送り出されしの「し」(過去の助動詞)が自信なかったのですが、大丈夫だったのかしら。

風に乗る口笛ひとつ夕花野

(かぜにのる くちぶえひとつ ゆうはなの)俳句界10月号応募句俳句トーナメント堀本裕樹先生 選

夕花野一枚の風波となる

(ゆうはなの いちまいのかぜ なみとなる)俳句界10月号応募句俳句トーナメント五島高資先生 選

氷る夜や古びたインク壺の肌

(こおるよや ふるびたいんく つぼのはだ)伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】凍つる夜や父の遺愛のインク壺添削句は思いの伝わってきそうな景。凍つ(いつ)は凍る(氷る)の傍題。 今月の添削では、「三句共に完成された句ですので、このままでもよいと思い…

笑ひ顔父似と言はれ冬かもめ

(わらいがお ちちにといわれ ふゆかもめ)伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】笑ひ顔父似と言はれおでん酒季語で、情景を鮮明にイメージできるとよい。笑い顔×笑ひ顔○

子規庵の裏戸潜りて冬夕焼

(しきあんの うらどくくりて ふゆゆやけ)伊吹嶺会 矢野孝子 先生【添削句】子規庵の裏戸潜れば冬夕焼季語の夕焼けをもっと鮮明にさせること!

笹舟の遠ざかりけり浮寝鳥

(ささぶねの とおざかりけり うきねどり)NHK俳句 平成28年12月放送応募句兼題:水鳥堀本裕樹先生 選 佳作「浮寝鳥」は「水鳥」の傍題です。

熊眠り兎の跳ねて神の山

(くまねむり うさぎのはねて かみのやま)俳句ポスト365(第160回 2016年11月17日週の兼題:熊)夏井いつき先生 選 並選計4句を投句。忙しかったこともありいつもより投句数が少なく、今回は全没だと思っていました。特にこの句は、熊と兎で季重なりである…

菊膾揃ひの箸の艶めけり

(きくなます そろいのはしの つやめけり)俳句界9月号応募句雑詠今瀬剛一先生 選 秀逸辻桃子先生 選 佳作雑詠、兼題、トーナメントで計7句投句。4句とって戴き、自分でも思いも寄らぬ句がまさかの秀逸でした。トーナメントは上位句ではありませんが、初めて…

カンバスの余白に満つる秋日濃し

(かんばすの よはくにみつる あきびこし)俳句界9月号応募句兼題:「白」大高霧海先生 選 佳作

海峡の風吹きわたり涼新た

(かいきょうの かぜふきわたり りょうあらた)俳句界9月号応募句俳句トーナメント堀本裕樹先生 選

さはやかにカノン流るる新校舎

(さわやかに かのんながるる しんこうしゃ)俳句界9月号応募句俳句トーナメント石井ひさお先生 選佐久間慧子先生 選

遠吠への癖ある犬や毛布著る

(とおぼえの くせあるいぬや もうふきる) 俳句ポスト365(第159回 2016年11月3日週の兼題:毛布)夏井いつき先生 選 並選計6句を投句。

はずれ馬券くしやりと潰す風邪の午後

(はずればけん くしゃりとつぶす かぜのごご) 俳句ポスト365(第158回 2016年10月20日週の兼題:風邪) 夏井いつき先生 選 人選計5句を投句。