大小の船の過ぎゆく日短

(だいしょうの ふねのすぎゆく ひみじか) NHK俳句 平成30年12月放送応募句 兼題:短日宇多喜代子先生 選 佳作 下五の日短(ひみじか)は四音で字足らずになりますが、「ひ」と「み」のあいだに「い」に近い音を入れて、「ひぃみじか」と五音で読むことがで…

さびしさをうちあけられず雪うさぎ

(さびしさを うちあけられず ゆきうさぎ)俳句ポスト365(第2209回 2018年11月15日週の兼題:雪兎)夏井いつき先生 選 人選 相変わらず自選眼なしで投句しておりますが、雪兎からのりピーの『碧いうさぎ』を思い出したり。星の金貨。『あのころのたかおが好…

雑煮食ふて村長日記書きゐたり

(ぞうにくうて そんちょうにっき かきいたり)NHK松山放送局 ラジオまどんな句会 2019.1.8(月)兼題:雑煮神野紗希さん選 雑煮で詠むときのポイントは、『お雑煮はこんなに地域によってイメージの違う季語も珍しい。だけどめでたくてなんか嬉しいというと…

2018年を振り返って2019年へ

2016年元日が私の「俳句始め」なので、この31日で俳句3年生を修了です。今年の作句数(厳密には投句数)は885句。そのうち何かしらの選に入ったのが100句でした。3年間で計1,787句。目標としていた1,000句作句を無事達成することができました\(^o^)/ しか…

四分休符下から書いて秋蝶来

(しぶきゅうふ したからかいて あきちょうく) 俳句界2018年9月号応募句俳句トーナメント堀本裕樹先生 選 佳作 少し作意のみえる句だったかも...。 蒼海の主宰であり、私には俳句の師にあたる堀本裕樹さん。出来の悪いときも選に採っていただいて本当に有り…

椿の実とうに爆ぜをり退院日

(つばきのみ とうにはぜおり たいいんび) 俳句界2018年9月号応募句雑詠夏石番矢先生 選 佳作 いろんな意味で全く詠めない月でしたので、なんとか一句採っていただけて有り難いです。 どうしても花に目が行きがちですが、今年は椿の実がなり、爆ぜるところ…

新しうなりし母の眸秋の星

(あたらしうなりし ははのめ あきのほし) 『蒼海』2号 堀本裕樹主宰 選。 今夏、体調を崩すことの多かった母ですが、予定していた白内障の手術も無事受けられました。 結社誌2号は10句中7句掲載という成績でした。大満足です。ただ、「秋の星」という季語…

満床の新生児室終戦日

(まんしょうの しんせいじしつ しゅうせんび) 『蒼海』2号 堀本裕樹主宰 選。 終戦記念日は8月15日ですが、秋の季語。その昔、大学病院の小児科に勤めておりましたので、そのころの記憶も詠み込んでみたり。

年若の師を見舞ふ日よ水蜜桃

(としわかの しをみまうひよ すいみつとう) 『蒼海』2号 堀本裕樹主宰 選。 季は秋になりました。

大花火消えゆく先に星ひとつ

(おおはなび きえゆくさきに ほしひとつ) 『蒼海』2号 堀本裕樹主宰 選。 大玉の花火なら我が家のベランダからもみえるんです。

水色のタオル明るし鳳梨売

(みずいろの タオルあかるし ほうりうり) 『蒼海』2号 堀本裕樹主宰 選。 鳳梨はパイナップルのこと。パイナポー句は2作目です。(1作目はこちら)

喪帰りのバス待つベンチ夏燕

(もがえりの バスまつベンチ なつつばめ) 『蒼海』2号 堀本裕樹主宰 選。

直進車のひつきりなしに街路炎ゆ

(ちょくしんしゃの ひっきりなしに がいろもゆ) 『蒼海』2号 堀本裕樹主宰 選 夏から母の通院の付き添いが始まりました。交差点で右折したいのに直進車がなかなか途切れず、真夏の日差しがぎらぎらと照りつける、そんな街を詠んだ実景句でした。 炎ゆは「…

朝刊のひんやりとして鵙のこゑ

(ちょうかんの ひんやりとして もずのこえ) NHK俳句 平成30年11月放送応募句 兼題:鵙宇多喜代子先生 選 特選・三席 今年2回目のNHK俳句入選でした。『夏料理』に続き、三席にも選んでいただいて驚いています。「縦書きしたときの字の美しさがよかった」と…

東天の白白として葱畑

(とうてんの しらじらとして ねぎばたけ) NHK俳句さく咲く!平成30年11月放送応募句兼題:葱櫂未知子先生 選 佳作 葱の句。いろいろと考えたのですが。一番シンプルな句を選んでいただきました。嬉しいです。景が立つ句を心がけたいと思います。この兼題か…

見なれたるはずの団地を枇杷咲けり

(みなれたる はずのだんちを びわさけり)俳句ポスト365(第208回 2018年11月1日週の兼題:枇杷の花)夏井いつき先生 選 人選 枇杷の花。木に実がなっているのはよくみかけますが、そう言われてみれば花をじっくりと見たことはありません。そんなところを句…

手のなかのひよこ眠りて厚着の子

(てのなかの ひよこねむりて あつぎのこ)俳句ポスト365(第207回 2018年10月18日週の兼題:重ね着)夏井いつき先生 選 人選 最後に投稿した句を少し修正して投句し直した句でした。ということは、あやうく全没になるところ(?)でした。自分では、可愛い…

一卓の狭さ愉しき子規忌かな

(いったくの せまさたのしき しききかな) 俳句界2018年8月号応募句雑詠櫂未知子先生 選 秀逸辻桃子先生 選 秀逸 夏石番矢先生 選 佳作 山尾玉藻先生 選 佳作 子規忌という季語が即き過ぎだろうか...と迷った末投句したので、好成績に驚きました。ありがと…

清掃を終へたる処暑の外野席

(せいそうを おえたるしょしょの がいやせき) 俳句界2018年8月号応募句雑詠大串章先生 選 佳作高校野球が終わった頃の野球場の雰囲気を読んだつもりです。 処暑は新暦8月23日ごろにあたる。このころ暑さが一段落する。

よそゆきの顔めくかぼす箱に詰む

(よそゆきの かおめくかぼす はこにつむ) 俳句界2018年8月号応募句俳句トーナメント堀本裕樹先生 選 1回戦敗退トーナメント選出。ありがとうございました。堀本瀬先生の講評の「・・・表情があるのか」の疑問形が気になりました(汗)(来月はまちがいなく…

初炬燵猫背の似合ふ男かな

(はつごたつ ねこぜのにあう おとこかな)俳句ポスト365(第206回 2018年10月4日週の兼題:炬燵)夏井いつき先生 選 人選 二句人選に採っていただきました。複数句投句し、詩的な句や冒険した句もあった(と思う)のですが、やはり選んでもらった句はパッと…

寸劇の炬燵ひっくり返りをり

(すんげきの こたつひっくり かえりおり)俳句ポスト365(第206回 2018年10月4日週の兼題:炬燵)夏井いつき先生 選 人選 ドリフのコントか、ちゃぶ台返しみたいですね。

はららごの一粒づつの光かな

(はららごの ひとつぶずつの ひかりかな) NHK俳句さく咲く!平成30年10月放送応募句兼題:鮭櫂未知子先生 選 佳作 表現が簡単すぎるのできっとこの句はダメだろう...と思っていました。そこが反省点です。はららごは鮭の傍題。すじこのこと。ばらせば、い…

夜の桃こころを込めぬやうに切る

(よるのもも こころをこめぬ ようにきる)NHK俳句 平成30年10月放送応募句 兼題:桃星野高士先生 選 佳作 星野先生の佳作は初めてです。(前回『夏料理』がいきなりの入選・一席だったため)今年は桃をたくさん食べ、桃の句をたくさん作りました。よい締め…

餌やりて卵のぬくし秋の風

(えさやりて たまごのぬくし あきのかぜ) NHK俳句 平成30年10月放送応募句 兼題:秋風岸本尚毅先生 選 佳作 久しぶりの岸本選が嬉しいです。秋風は、俳句を始めてまだ間もない頃(といっても句歴3年未満ですが)、『俳句さく咲く!』で特選に入った記念す…

北窓に月のかわりの胡桃おき

(きたまどに つきのかわりの くるみおき)NHK松山放送局 ラジオまどんな句会 2018.11.5(月)兼題:胡桃神野紗希さん選 特選 胡桃という季語のポイントは、『リアルな胡桃もあるし、物語のなかに出てくる胡桃もあるし、西洋のくるみ割り人形のような素敵で…

胡桃割る王国ひとつ滅びたる

(くるみわる おうこくひとつ ほろびたる)俳句ポスト365(第205回 2018年9月20日週の兼題:胡桃)夏井いつき先生 選 人選 組長に二句採っていただきました。ありがとうございます。

わろき夢吸うてくれたか胡桃熟る

(わろきゆめ すうてくれたか くるみうる)俳句ポスト365(第205回 2018年9月20日週の兼題:胡桃)夏井いつき先生 選 人選

美しく鳳梨を切つてくるる人

(うつくしく ほうりをきって くるるひと) 俳句界2018年7月号応募句雑詠櫂未知子先生 選 特選 ページをめくってびっくり!櫂先生に想いが届いて嬉しい。特選の一番目に名前があるのが嬉しい。このところ、NHK『俳句さく咲く!』への投句成績がふるわず、あ…

窓口の花の替はりし大暑かな

(まどぐちの はなのかわりし たいしょかな) 俳句界2018年7月号応募句雑詠茨木和生先生 選 佳作 今月はまことに出来が悪く...。ちなみに兼題は二句とも没。ま、それもデフォルトではありますが。